エフェクタペダル卒業 iRig PRO + Ampkit

ディストーション、リバーブ、ディレイ、コーラス、ワウ、フェーザー、、、
エフェクターを駆使して多才な音色を作るのはギターの楽しみの一つ。

しかし毎回練習やライブの度に重いエフェクターを持ち運ぶのは憂鬱です。
そしてギターとエフェクターケースを抱えて油全開のラーメン屋に入るのは更に大変です。

ということでギターを小型化したのでエフェクターも小型化したいと思います。
iRig PROと手持ちのiPhone(及びiOSデバイス)でエフェクターを最適化しましょう。

最適化前:ZOOM G1N

こちらは普段使っているマルチエフェクター。コンパクトエフェクタは単機能かつ高価であり保管場所と電池代がも必要なためマルチエフェクターだけ使っています。

中古で3000円でしたが、ほぼすべてのエフェクタ機能を備えているので性能は申し分ないです。
以前はZOOM G2.1uを使ってましたが、そこそこ堅牢な造りのせいか少々重いため、こちらのZOOM G1Nに鞍替えしていました。
実はこの段階ですでに1.3kg(G2.1u)→350g(G1N)まで軽量化済み。

最適化開始:IK Multimedia iRig PRO

ギターとiPhoneを接続するデバイスは色々出ているようで本当はiRig 2とかでもよかったのですが、iRig PROはギターをつなぐ以外にも、MIDIポートが付いているのでキーボードが接続できて、更にはマイク端子もありマイクもつなげるようなので将来のギターキーボードシンガーソンガーデビューにも備えて少し奮発してこちらにしました。

iRig PRO本体重量は72gなので350g→72gになりました。

最適化その2: AmpKit

続いてはiPhoneをエフェクター化するためのアプリです。
JamUp, ToneStackGo, BiasFX等いろいろありますが、なんとなく素人でも使えそうなAmpKitを購入しました。

このアプリだけで、一通りエフェクタ関係はそろうのでマルチエフェクを持ち運ぶ必要がなくなりました。

AmpKitで使えるエフェクタ一覧を載せておきます。

よくみるとピッチシフターが無いのでそこだけ弱いです。

最適化結果

BEFOREAFTER
G1N
350g

iRig PRO
72g
iPhone6
131g
TOTAL
350g
TOTAL
203g
RESULT-147g

結果147gの減量に成功しました。思ったより減量できてないかも?
とはいえiPhoneは毎日持ち歩いているので計算から除外すれば実質278gの軽量化に成功です。

iRig PRO + AmpKit化して良かった点

  • エフェクタの電池が不要で経済的
  • 思いついたときにギター要らずで音作りが可能
  • 同種エフェクタが何個も接続できる

減量値は大したことないですがエフェクタの電池残量を心配する必要がなくなったのはうれしいです。
アプリ化したことでiPhoneでいつでも思いついたときに音色が設定できるのも非常に便利です。
今までならギターを持ってエフェクタを目の前に置いて、弾いてはツマミをいじって弾いてはツマミをいじって確認し、という流れでしたがAmpKitは予め自分の演奏(エフェクタ適用前の音)を録音できるので、その録音した音をAmpKit内で再生させつつエフェクタをいじって音色を作成することが可能になりました。出先や移動中にもささっと設定変更ができるのがいいです。
そしてアプリエフェクタなので1つの音色内で同じエフェクタを何個もつなげれるようになりました。
G1Nだと歪み系や空間系でそれぞれ使える個数や配置は決まっていたのですが無制限に好きな順番で何個でもつなげるようになったのでアイデア次第で色々な使い方ができそうです。

やっぱりイマイチだった点

  • フットスイッチがない

物理エフェクタを卒業したので当然といえば当然ですが、ペダルがありません。
iPhoneの画面を操作すれば音色変更は可能ですが、ギターを演奏するには基本腕が二本必要なので、演奏中に即座に音色を切り替えることが難しくなりました。
失って初めて気づく大切さ。
最適化できたと思いましたがまだ道半ばでした。
今後は失ったフットスイッチを補うために工夫をして使っていこうと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です