コンパクト7弦ギター ALP AD7-200

ギタリストたるものトラベルギターだけどアームがついたギターも欲しい。

というわけで数年前にLap axeに出会ったばかりに普通のギターを卒業してしまったわけですが、LapaxeがメインギターとなってからというものLapaxeの不満点を補えるようなギター(アームがついて24フレットで手ごろな価格であわよくば3/4スケールなナイスなやつ)は無いかと定期的にGoogle検索する日々が続いておりました。

と、そんな平成終了寸前のある日、こんなギターを発見しました。

ALP AD7-200

  • 24フレット (ナイス)
  • 7弦 (ええやん面白いかも)
  • フローティングアーム (ワイワインン)
  • ボディがサイレント風で折りたたみ可能 (ギミック格好いいですね)
  • ヘッドフォン練習用アンプ搭載 (要らんがな)
  • ボディはアルミ削り出し重量2.9kg (案外重そう)
  • レギュラースケール (そらそうですよね)
  • 令和記念セール81,600円 (ありがとうございます。)

7弦ギターが特段欲しいわけではなかったですがトラベルな仕様で価格も手ごろなので興味を惹かれました。

2018年に日本上陸の中国新興メーカーのようで情報は少なかったのですが、 日本に代理店があり、ちゃんと荷物も届きそうだったので購入してみることに。

6弦モデルですが動画を紹介しておきます。

注文/到着

注文して2週間ほどで到着。国内配送は佐川急便でした。

プチプチで巻かれまくってます、しっかりした梱包です。

プチプチをはがすと厚紙の箱がこんにちは。

ソフトケースは頑丈

箱を開くとソフトケースが入っていました。すっきりした形状で好感が持てます。

ソフトケースを開くとこんなかんじです。クッションふかふかですね。

輝きを失ったフレット

新品購入ですがフレットの輝きがイマイチのような。指板も微妙に薄汚れてます。
もともとこういう商品なのでしょうか、それとも倉庫の保管状況の問題なのか。
あとで簡単にフレット磨き&指板清掃しようかとおもいます。

クローゼット完備

ヘッドレスギターですが、ヘッド部に引き出しがついています。
ピックやら小型のレンチや工具が収納できるようです。
引き出しが磁石になっているようなので中でレンチ等金属類がカラカラ鳴ることはなさそうです。

ボディは折りたたみ式

弾くときは金属フレーム部を開いて弾く仕様。
フレーム部は腕を置く部分と脚に乗せる部分両方を開くと普通のギターを構えたような状態になるよう。
開いたり畳んだりする際にはその都度カチャッと音がしてしっかり固定されるようで演奏中や運搬中に勝手にたたまれたり開いたりしてしまうことはなさそうです。

ボディ右側の脚に乗せる部分はボタンを押し込みながら長さを2段階に調節できます。
金属加工の技術がそこまで高くないのかフレーム部にちらほら凹凸が見えますね。

アーム装着は簡単

アームはネジ式ではなく直接差し込むタイプ。わりと固めにはまるようで、ゆるゆるにしてアームをブラブラさせたい場合はどうすればいいのかわかりません。
アームダウンアームアップどちらも対応しています。
フロイトローズのように超ワイルドアーミングには対応していないのかアームアップはそこまでできないようですがブリッジを浮かせたり設定次第で変更できるのでしょうか。よくわからないのでこのまま使いたいと思います。

ヘッドホン用アンプあり

イヤホンやヘッドホンを挿してそのまま一人練習できるようにヘッドホン用アンプが内蔵されており、内蔵アンプはminiUSB端子で充電できるようです。
ツマミを回すと電源が入って音量(ゲイン)調整ができて、クリーン~クランチの音が出せるようです。
多分使わないだろうなぁ。

サイズ感はこんなもの

左からLap axe EX SERIES、本機AD7-200、Makitaのハンディクリーナーです。
やはりレギュラースケールだけあって少し大きいですね。Lap axeとMakitaが同じサイズだったのは新しい発見でした。
さてあとは練習するだけです。問題は7弦の曲を全然知らないこと。

やはり一流はもう使っている

Youtubeを探すとすでに使用されている方がいました。
誰だかわかりませんがやはり上手い人はみな使っているようですので動画を紹介しておきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です